暮らしにメッセージをそえ、上質な生活を。 ulu lā'u MEDIA SITE

特集記事

癒しの響きを生み出すクリスタルボウルの魅力

#リラクゼーション #癒されたい

 

最近は、ヒーリング効果のあるCDが多数発売されています。
そうしたCDの多くは、波の音や鳥のさえずりといった自然音を収録したものですが、近年、癒しの効果が高いと注目されているのがクリスタルボウルのCDです。

クリスタルボウルとは楽器の一種で、クリスタル(水晶)を使ってつくられたものではありません。「シリカサンド」と呼ばれている水晶の粉末を型に入れて、3000〜4000度の高温で焼いたもので、マレット(打楽器を演奏するスティック)で叩いたり、縁をこすったりして音を出します。

約1万2000年前、大西洋に沈んだといわれるアトランティス大陸で使われていたという伝説を持つクリスタルボウル。
その音色の秘密とどんな効果があるのかについて説明しましょう。

 

目次

 

1.クリスタルボウルのヒーリング効果

2.クリスタルボウルとチャクラの関係

3.クリスタルボウルのCDを聴く時のポイント

まとめ

 

1.クリスタルボウルのヒーリング効果

 

クリスタルボウルの音は非常に長く、そして遠くまで響きます。

これは、クリスタルボウルが発する音が「倍音(ばいおん)」で、しかも一定の周波数で振動しているため、音の伝わり方がよいからです。
遮るものがない平原では、なんと2000メートル(!)離れた場所にまで、クリスタルボウルの音は届くそうです。

生演奏を聴いた人のなかには、クリスタルボウルの音が耳から体に入り込んで体内で鳴り響き、細胞が揺り動かされているような感覚になる人もいます。

クリスタルボウルの素材であるクリスタルは、実は人間の骨などにもケイ素が含まれています。
人間の体がクリスタルボウルの音色に反応しやすいのは、体内のケイ素が共鳴しているからなのかもしれません。

感覚だけではなく、クリスタルボウルの音が脳に与える影響は科学的に証明されていて、クリスタルボウルを聞いて30秒で、脳波がアルファ波からシータ波に変化したという実験結果が確認されていると言われています。(アルファ波はリラックスしている時に現れる脳波、シータ波は、まどろんでいるような状態、深い瞑想状態にある時によく現れる脳波)

座禅を組んですっと瞑想状態に入るには、かなりの修練が必要とされていますので、聴くだけで瞑想に近い作用が得られるクリスタルボウルの響きが、ヒーリングCDで注目されているのは当然なのかもしれません。

 

2.クリスタルボウルとチャクラの関係

 

 

クリスタルボウルは大小7つ1セットで演奏されるのが一般的です。
これは、人間の体にある7つの「チャクラ」と対応しているため。

チャクラとは自然や宇宙のエネルギーを体内に取り入れる出入り口のことで、間の体の中心線上に7箇所あるとされています。

チャクラはエネルギーを体内に取り入れるだけではなく、逆に体内で不要になったエネルギーを放出する役割も果たします。
そのため、チャクラのバランスが崩れると、体内のエネルギーバランスも乱れてしまい、心身に悪影響を与えると考えられているのです。

演奏に用いられる7つのクリスタルボウルは、それぞれ「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」の音階を響かせ、対応するチャクラの活性化を促します。
具体的には、次のように対応しています。

 

第1のチャクラ(尾骨の近く)……クリスタルボウルの音階は「ド」

第2のチャクラ(おへその下)……クリスタルボウルの音階は「レ」

第3のチャクラ(胃のあたり)……クリスタルボウルの音階は「ミ」

第4のチャクラ(胸)……クリスタルボウルの音階は「ファ」

第5のチャクラ(のど)……クリスタルボウルの音階は「ソ」

第6のチャクラ(眉間)……クリスタルボウルの音階は「ラ」

第7のチャクラ(頭頂)……クリスタルボウルの音階は「シ」

 

第1から第4までは自分の内面に対するチャクラ、第6と第7は外から情報を受け取るチャクラになります。

そして、のどにあるとされる第5のチャクラは、首から上と下をつなぐ役割を持っています。

もしクリスタルボウルの演奏を聴いて頭が重いといった症状が出る場合は、第5のチャクラが閉じているため、第6や第7のチャクラでキャッチしたクリスタルボウルの音色が首から下のチャクラに伝わらず、ずっと頭の中で響いている可能性があります。

チャクラのエネルギーを全身に循環させるためにも、第5のチャクラの活性化が非常に重要であることを覚えておいてください。

 

3.クリスタルボウルのCDを聴く時のポイント

 

 

まずは静かな場所で、自分がラクだと感じる姿勢で聴くようにしましょう。
心身ともにゆったりできるように、服装も体を締め付けないものを選んでください。
お気に入りのアロマを焚いてもよいでしょう。

室内が薄暗いほうが、よりクリスタルボウルの音に集中することができます。

耳にダイレクトに音が届くため、ヘッドフォンの使用をすすめる意見もありますが、ヘッドフォンは首が緊張するため、スピーカーで聴くことをすすめる意見もあります。

音量が大きければ、より効果を得られるわけでもありませんし、音の聴こえ方や感じ方も人それぞれですので、色々試しながら、自分に一番しっくりくる方法で聴くようにしましょう。

パワーストーンとしてクリスタルを持っている場合は、自分が気になるチャクラの場所に当て、そのチャクラを意識しながら聴くと、チャクラの活性化が促されるそうです。

チャクラにはそれぞれ対応する色がありますので、クリスタルも対応する色のものだとより効果的になります。

 

第1のチャクラ……レッド

第2のチャクラ……オレンジ

第3のチャクラ……イエロー

第4のチャクラ……グリーン

第5のチャクラ……ブルー

第6のチャクラ……ロイヤルブルー

第7のチャクラ……バイオレット

 

なお、クリスタルボウルの演奏を聴くことで、血行がよくなる人も少なくないそうです。
そのため、聴く前は揚げ物や肉料理といった重たい食事を避け、アルコールやタバコを控えたほうが、よりクリスタルボウルの響きが心身に作用するといわれています。

クリスタルボウルの演奏を約20分聴くことで、8時間眠った時と同じリラックス効果が得られるというデータもあります。
そのため、夜の就寝前に限らず、昼間でも疲労を感じた時に聴くことができれば、体調不良を予防することができるでしょう。

 

まとめ

 

 

クリスタルボウルの音色には、「癒しの力」があることをおわかりいただけたでしょうか。

CDで音色の効果を実感された方は、ぜひ1度ライブ演奏を体験してみてください。
クリスタルボウルの演奏会は数が少ないですが、全身でクリスタルボウルの音色を感じることができるライブ演奏はやはり別格です。
ぜひ倍音の響きに身を委ねてみてください。

【参考資料】
Kengo『こころと身体を整える クリスタルボウルの響き』(彩図社)
日本クリスタルボウル協会 永田兼一『聴いて幸せがおとずれるクリスタルボウル・ヒーリングブック』(毎日コミュニケーションズ)