暮らしにメッセージをそえ、上質な生活を。 ulu lā'u MEDIA SITE

特集記事

人体のエネルギーの入り口~ 7つのチャクラ

#スピリチュアル #体質改善したい #運気を上げたい

 

「チャクラ」という言葉、耳にしたことがあっても、どんなものなのかはあまり知らないという人が多いのではないでしょうか?

実はチャクラは、古代サンスクリット語で「車輪」や「光の輪」「渦」「円」などを意味する言葉です。

チャクラは、人間の体を巡るエネルギーの概念のひとつ。
エネルギーとは、「何かを変化させる力」を指しています。
私たちの周囲には、自然や宇宙からのエネルギーがあります。
こうしたエネルギーを取り入れる出入り口、それがチャクラになります。
チャクラは7つあって、取り入れたエネルギーを全身に巡らせる役割も持ちます。
こうしたことから、チャクラはエネルギーセンターとも呼ばれています。

チャクラの種類からチャクラを生かす方法までをまとめて紹介します。

 

目次

 

1.   チャクラとは
1-1.  第1のチャクラ
1-2.  第2のチャクラ
1-3.  第3のチャクラ
1-4.  第4のチャクラ
1-5.  第5のチャクラ
1-6.  第6のチャクラ
1-7.  第7のチャクラ

2.  チャクラを活性化させる方法
・色
・パワーストーン
・アロマオイルやハーブティ
・チャクラヒーリング
・音楽

まとめ

 

1.  チャクラとは

 

 

古代インドで始まって現代まで続く伝統的な医学や考え方に、ヨガやアーユルヴェーダがあります。
このふたつでは、人間の体は微細なエネルギーから成っていて、7種類の生命エネルギー(オーラ)に包まれているとされています。
チャクラとは何かというと、そのオーラの核となる存在です。

チャクラは頭頂から尾てい骨(脊柱の基底部)まで、背骨(脊柱)に沿って7つあります。
下から順に、第1チャクラ、第2チャクラ、第3チャクラ、第4チャクラ、第5チャクラ、第6チャクラ、第7チャクラと呼びます。

1-1.  第1のチャクラ

 

 

人生と生活の基盤の豊かさに関係するチャクラです。
大地からのエネルギーを受け取る役割を持ちます。

活性化していると、仕事や人生になどあらゆる面でパワフルに行動できて、生活を現実的に楽しめるようになります。

バランスが乱れると、やる気が出ずに無気力になったり、体がだるくなったり、よく眠れなくなったりします。

英語:ベースチャクラ、ルートチャクラ
日本語:基底のチャクラ
サンスクリット語:ムラダーラ
場所:尾骨の近く、脊柱の基底部
色:レッド
感覚:嗅覚
働き:生命力、生き残る(サバイバル)、行動力、やる気

 

1-2.  第2チャクラ

 

 

人と繋がる力を司り、人間関係全般に関わるチャクラです。
性的魅力にも関係します。

活性化していると、自己肯定感が高まって、感情のコントロールもうまくいきます。
人間本来の明るさや強さが出てきて、精神的にも自立した状態になります。

バランスが乱れると、友人や恋人などに依存しがちになったり、ネガティブな感情を溜め込みがちになったり、優柔不断になったりします。

英語:ベリーチャクラ、ハラチャクラ
日本語:丹田チャクラ
サンスクリット語:スクワディスターナ
場所:おへその下、脾臓
色:オレンジ
感覚:味覚
働き:人と繋がる力、自信、自立、創造性、社会性

 

1-3.  第3のチャクラ

 

 

内臓全般の健康を司ったり、自分のパワーを使って自己実現につなげたりするチャクラです。

活性化していると、ポジティブにものをとらえられ、人生を楽しむことができます。
心と体のバランスがとれて、自分に自信が持てるようになります。

逆に、このチャクラのバランスが乱れると、物事に集中しにくくなったり、神経質になったりして、ストレスを溜めがちに。
まわりに遠慮して、人に甘えたり、頼ったり、自己主張したりができにくくなります。

英語:ソーラープラクサスチャクラ
日本語:太陽神経叢のチャクラ、内臓チャクラ
サンスクリット語:マニプーラ
場所:胃のあたり、太陽神経叢
色:イエロー
感覚:視覚
働き:自尊心、自分らしさ、感情の解放、自己実現

 

1-4.  第4のチャクラ

 

 

愛や気づきに関係するチャクラです。
自分を受け入れて、他人と愛のある関係を築くことで、人間的にも霊的にも成長するチャンスが作れます。

活性化していると、心が開いている状態になって、周囲に共感したり、自分の気持ちを客観的に見たりすることができ、精神的にも安定します。

バランスが乱れると、人を過剰に警戒したり、リラックスできなくなったり、物事に感動できなくなったりします。

英語:ハートチャクラ
日本語:心臓のチャクラ
サンスクリット語:アナハタ
場所:胸
色:グリーン
感覚:触覚
働き:愛、受け入れる力、許し、気づき

 

1-5.  第5のチャクラ

 

 

自己表現や人間関係を気づくコミュニケーションの豊かさを司るチャクラで、コミュニケーションセンターとも呼ばれます。

活性化していると、自分の気持ちを上手く表現できて、伝える力が強まり、周囲の人との人間関係が良くなります。

バランスが乱れると、自分の気持ちが上手く表現できなくなったり、言葉で人を傷つけたり、まわりから誤解されたり、人とぶつかりやすくなったりします。

英語:スロートチャクラ、コミュニケーションチャクラ
日本語:喉のチャクラ
サンスクリット語:ヴィシュッダ
場所:のど、首
色:ブルー
感覚:聴覚
働き:自己表現、コミュニケーション、クリエイティビティ

 

1-6.  第6のチャクラ

 

 

直感や五感を超えた第六感、超能力ともいわれる力に関連するチャクラで、サイキックセンターとも呼ばれます。
エネルギーレベルの目であるサードアイは、心眼ともいわれていて、真実を見る力を持ちます。

活性化していると、直感が鋭くなり、洞察力も高まります。超常的な体験をすることもあるとされています。

バランスが乱れると、超能力や見えない力を恐れたり、神秘的なことへの関心が強くなりすぎたり、頭で考えすぎたり、優柔不断で考えがまとまらなくなったりします。

英語:サードアイチャクラ
日本語:第3の目のチャクラ、眉間のチャクラ
サンスクリット語:アジナー
場所:眉間、額
色:ロイヤルブルー
感覚:直感
働き:物事の本質、直感力、超感覚、洞察力、心眼

 

1-7.  第7のチャクラ

 

 

宇宙のエネルギーと繋がって、自分と世界が一体であることを理解できるようになるチャクラです。
ほかの6つのチャクラのエネルギーを統合する働きも持ちます。

活性化していると、スピリチュアルな世界に導かれ、成長が遂げられます。
目に見えないエネルギーに助けられて、直感やひらめきなど、眠っていた能力も発揮できるようになります。

バランスが乱れると、精神的なことだけに興味が偏ったり、考え方がかたくなになったり、慢性的な疲労を感じたり、フラストレーションが溜まったりします。

英語:クラウンチャクラ
日本語:宝冠のチャクラ
サンスクリット語:サハスラーラ
場所:頭頂
色:バイオレット
感覚:霊感
働き:スピリチュアルな目覚め、統合、宇宙とのつながり、奉仕

 

2.  チャクラを活性化させる方法

 

 

チャクラを活性化したり、チャクラを活用するにはいくつもの方法があります。

 

活性化したいチャクラに対応する色を取り入れます。
洋服やアクセサリーとして身につける、部屋にその色のアイテムを置く、その色の料理や飲み物を摂る、その色をイメージするなどの方法があります。

 

パワーストーン

7つのチャクラには、それぞれ対応するパワーストーンがあります。

パワーストーンは、対応する石を活性化したいチャクラに載せたり、当てたり、かざしたりして、ゆっくり呼吸します。

 

アロマオイルやハーブティ

チャクラにはそれぞれ、対応する香りがあります。

活性化したいチャクラに対応する香りのアロマオイルを、部屋の中で焚いたり、肌に塗ったりします

対応する香りのハーブでホットティーを入れて、香りを楽しみながら、飲んでも良いでしょう。

なお、精油やハーブには、妊娠中などには使えないなど、使用上の注意や禁忌があるので、必ず専門家のアドバイスの元、使用してください。

 

チャクラヒーリング

呼吸とイメージを使って宇宙のエネルギーを第7チャクラに呼び込んで、手や指を癒やして整えたいチャクラに触れて、エネルギーを送り込むという方法です。

 

音楽

チャクラヒーリングを行いながら、チャクラヒーリングの音楽を聴くのも、チャクラの活性化には効果的です。

 

まとめ

 

 

自然や宇宙からのエネルギーを体に取り入れる出入り口、それがチャクラです。

チャクラは全部で7つあり、それぞれで異なるエネルギーを受け取って、全身に巡らせます。
受け取ったエネルギーによってチャクラが活性化すると心身の調子がいい状態になりますが、その反面、何か問題があるとバランスが乱れて不調になってしまいます。

そんなときは、活性化したいチャクラに対応する色の洋服やアクセサリーを身につけたり、活性化したいチャクラに対応する香りのアロマオイルやハーブティーを用いたりすると良いしょう。

 

【参考資料】

矢尾こと葉「はじめてチャクラの本」
What is Yoga