暮らしにメッセージをそえ、上質な生活を。 ulu lā'u MEDIA SITE

特集記事

飲まなきゃ損? ハーブティの3つの効果とその種類

#ビューティー #ヘルシー #きれいになりたい #癒されたい

「ハーブティー」というと、どんなイメージを持っていますか?

健康に良さそう、香りが良さそう、いろんな種類がある……こんなイメージでしょうか。

それ以外にもハーブティーには、

・自律神経を整え、心をリラックスさせる
・深い眠りを誘い、睡眠の質を上げてくれる
・胃の調子を整えて、ダイエット効果が期待できる

などなど、実に様々な効果・効能があるんです。

「リラックスするなら、このハーブティー」「ダイエットにいいのは、このハーブティー」、というように、それぞれの目的に合わせたハーブティーを選ぶことで、効果・効能を感じやすくなります。

おいしく優雅にハーブティーを飲みながら、心落ち着くひとときを過ごしたり、ダイエット効果を高めるためにハーブティーを飲んだり…。

ハーブティーを生活に加えるだけで、毎日が豊かになるかもしれません。

この記事では、ハーブティーの効果、効能・効果を得られるおすすめハーブティーなどをご紹介していきます。

 

目次

 

1.  ハーブティーの効果・効能を知ろう
1-1.  リラックス効果
1-2.  ダイエット効果
1-3.  安眠効果

2.  何を飲めばいい? 効果別ハーブティー7選
2-1.リラックス効果が得られるハーブティー
2-2.ダイエット効果が得られるハーブティー
2-3.安眠効果が得られるハーブティー

まとめ

 

1.  ハーブティーの効果・効能を知ろう

 

 

まずは、「ハーブティーを飲んだら、どんな効果があるの?」という疑問にお答えしていきます。

ハーブティーの効果は、主に以下の3つ。

・リラックス効果
・ダイエット効果
・安眠効果

どれもあったら嬉しい効果ばかりですよね。

 

1-1.  リラックス効果

 

 

ハーブティーには、心を落ち着けてくれる「リラックス効果」があります。

ハーブティーならではの特徴といえば、その豊かな香り。
心地よい香りが嗅覚を刺激することで、心を自然とリラックスさせることができます。

・美味しいものを食べる(味覚)
・きれいな景色を見る(視覚)
・体をマッサージする(触覚)

このように五感に良い刺激を与える行為は、どれもストレス解消につながります。

ハーブティーも人間の五感に作用するため、誰でもリラックス効果を感じることができるのです。

 

1-2.  ダイエット効果

 

 

ハーブティーの嬉しい効果、その2は、ダイエットに効くこと。

ハーブティーには、

・食べ物の消化を促してくれるもの
・血流を促してくれるもの
・血糖値、コレステロール等を抑えてくれるもの

などなど、ダイエットを助けてくれる効果がたくさんあります。

しかも、普段の運動や食生活にハーブティーを加えるだけでOK。
ハードルが低く、いつものダイエット効果をさらに高めてくれるのです。

 

1-3.  安眠効果

 

 

ハーブティーには、睡眠の質を高めてくれる効果もあります。

寝る前に、温かいハーブティーを1杯飲んでみてください。
するとハーブティーは、

・神経の興奮を抑えて、安眠を誘ってくれる
・体が内側から温まり、自然な眠りにつける
・香りによるリラックス効果によって、心と体が眠る準備ができる

このような効果を感じさせてくれます。
おやすみ前のハーブティーを習慣化することで、いつもより気持ちよく眠りにつけて、朝も気持ちよく起きることができますよ。

質の良い睡眠は、ダイエットにもストレス解消にもつながります。
普段寝付きがよくない人は、ぜひハーブティーを試してみてくださいね。

 

2.  何を飲めばいい? 効果別ハーブティー7選

 

 

・リラックス効果
・ダイエット効果
・安眠効果

3つの効果が分かったところで、もう1つの本題です。
ここからは、「効果を実感しやすいハーブティー」をご紹介おすすめしていきます。

ハーブティーと言っても、その種類はざっと100以上!
この種類の多さが、「どれを飲めばいいか分からない…」とハードルを上げてしまう原因かもしれません。

どのハーブティーを飲めば、どんな効果が得られるか?これさえ分かれば、あとはそのハーブティーを飲んでみるだけ。ハードルが一気に低くなりますよね。
それでは、おすすめのハーブティーを効果別に紹介していきます。

 

2-1. リラックス効果が得られるハーブティー

 

 

リラックス効果が得られるハーブティーは、最初に、

・香りの良さ
・香りの好み

に注目してみましょう。
おすすめは、花の香りを楽しめるものと、柑橘系のハーブティーの2つです。

ラベンダー

お花の香りが好きな人は「ラベンダー」がおすすめ。
香りが高く、嗅覚を程よく刺激してくれます。
ラベンダーそのものに精神安定効果もあり、リラックスしたい時に最適です。

レモンバーム

柑橘系のまろやかな香りと味わいが、心を自然と落ち着けてくれます。
ハーブティーを温めると香りが増し、リラックス効果も倍増します。

 

2-2.  ダイエット効果が得られるハーブティー

 

 

ダイエット目的なら

・栄養が豊富なもの
・胃に優しいもの

をセレクトしましょう。
いつも行っているダイエットを助けてくれて、その効果を高めてくれます。

ダンデリオン

ダンデリオンとは実は「たんぽぽ」のこと。

・利尿作用によるむくみ解消
・食べ物の消化促進

といった効果があり、女性に優しいハーブティーとして人気です。

ハトムギ

原産国中国では不老長寿の薬として知られる、ハトムギ。
体内の老廃物を排出したり、豊富なタンパク質が運動を助けてくれます。

 

2-3.  安眠効果が得られるハーブティー

 

 

安眠目的で飲むハーブティーは、

・香りが好きなもの
・自律神経を整えてくれるもの

がおすすめです。
おやすみ前の一杯を習慣化しましょう!

カモミール

カモミールには、神経の興奮を抑えてくれる効果があります。
夕食後から睡眠前に飲むことで、安眠効果をじんわり感じられますよ。

オレンジピール

オレンジの香りが好きな人は「オレンジピール」がおすすめ。
オレンジのほのかで分かりやすい香りは、体を一気に睡眠モードに切り替えてくれます。
ビタミンCには精神安定作用もあり、おやすみ前のリラックスにもうってつけです。

レモンジンジャー

冷え性持ちな人には、しょうがの保温効果も感じられる「レモンジンジャーティー」がオススメ。
寒い日のおやすみのお供になること間違いありません。作り方もとっても簡単です。

<レモンジンジャーティーのレシピ>

【材料】紅茶もしくはハーブティの茶葉・すりおろし生姜・はちみつ

【作り方】
1.  マグカップにすりおろした生姜を適量入れる
2. 紅茶もしくはハーブティを作る
4. マグカップに熱々のお茶を注ぐ
5.  お好みではちみつを入れる

生姜は入れれば入れるほど身体があたたまります。ミルクを入れて、ジンジャーミルクティーにしても。

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

リラックス、ダイエット、安眠のどれか1つでも、あったらいいな、と思えるものが見つかったら、それがハーブティーを始めるきっかけです。
肩肘張らず、インスタントコーヒーや紅茶のような感覚で試してみてください。

ハーブティーの効果や魅力について、少しでも知っていただけたら嬉しいです。