暮らしにメッセージをそえ、上質な生活を。 ulu lā'u MEDIA SITE

特集記事

2020年の風水活用術 | 令和新時代は「華やかさ」がポイント

#スピリチュアル #ライフスタイル #運気を上げたい #願いを叶えたい

2019年はどんな年でしたか?
令和が始まり明るいニュースもあれば、あまり知りたくなかった暗い話題もあったかもしれません。

ご自身の一年はどうだったでしょうか。

「2019年は成長できた!」「何事も無く過ごせて幸せな年だった。」

ということであれば、素晴らしいことですが

「いい思い出が浮かばない…」

という方は、2020年こそ最高の一年にしたいですよね。

2019年は、平成と令和が入り交じる年でしたので、ランニングに例えると、令和が発表された頃が準備体操、令和が始まった5月1日からがウォーミングアップ。

そして2020年からこそ、令和の運気が本格的に強力になるので、自分の最高のペースで走ることができる最良のタイミングです。

今回は、2020年に最高のスタートダッシュができるように、身の回りから運気を高める「2020年の風水」についてご紹介していきます。

 

目次

 

1. 2020年の開運ポイント

2. 2020年のインテリア風水
2-1. 玄関の風水
2-2. トイレの風水
2-3. リビングの風水
2-4. 寝室の風水

3. 2020年の幸運・凶運の方位

4. 2020年のラッキーモチーフは?

まとめ

 

1. 2020年の開運ポイント

 

 

2020年は、

・干支は「庚子」
・九星は「七赤金星」
・二十八宿は「畢」

になります。
これらは「金」のエネルギーを表し、【豊かさ】や【華やかさ】を象徴しています。

2020年の開運ポイントは、自分なりの豊かさ・華やかさを意識すること。

今年は東京オリンピックが開催され、日本中が活気に満ちる一年になります。
その運気をしっかりと授かれるように、過度の節約・節制は禁物です。

無理をする必要は一切ありませんが、2020年は様々な面で「華やかさ」を意識した一年を過ごしてみてください。

華やかさは、インテリアやラッキーカラー等にも当てはまります。
まずは、2020年に意識すべき風水的インテリアについて見ていきましょう。

 

2. 2020年のインテリア風水

 

 

華やかさがポイントとなる2020年ですが、開運の基本は例年とほぼ変わりません。

・玄関は、邪気を入れないよう清潔を保つ
・トイレは、フタを閉めて悪い気を充満させない
・リビングは、ストレス無く移動できるよういつも片付いていること

など、基本的な開運方法・邪気を祓う方法はしっかりと守ること。
これに加えて、2020年に特別に意識したい開運ポイントを押さえることで、自身の運気を上昇させることができます。

 

2-1. 玄関の風水

 

 

玄関は、良い運気を家に招き、悪い運気を家から守る非常に大切な場所です。

玄関が清潔な家は自然と運気が運ばれてきますし、不快感のある玄関は全体の運気そのものを下げてしまいます。
玄関は、まず清潔であることが大前提です。

清潔を保った上で意識したいポイントは、「靴」と「玄関マット」の2つ。

靴は仕事運を表し、玄関マットは邪気を吸い取ってくれるアイテムです。

靴は履くものだけを置き、それ以外はシューズクローゼットにしまいましょう。
またこれまで履いてきた靴がボロボロになってしまっていたら、新しい靴に新調するのもおすすめです。
自分が履きたいと思うものを履き、その靴を大切に扱うことで、大地からのエネルギーを取り入れることができます。

玄関マット

玄関マットもお気に入りのものを敷くことで、良い運気を家の中に運び、邪気を吸い取り家の中に入れないようにしてくれます。

玄関マットの色は、赤・ピンク・茶色がおすすめです。
ここも華やかさを意識して、玄関を明るい雰囲気で満たしましょう。

 

2-2. トイレの風水

 

 

トイレも、清潔であることが大前提です。

・邪気を溜めないよう、こまめに掃除をすること
・邪気を充満させないよう、フタを閉めること
・邪気を吸い取り溜め込んでしまうことから、物を極力置かないこと

これら基本的なことは、2020年もしっかりと守りましょう。

また華やかさを意識して、スリッパや便座カバー・トイレマットなどは明るい色をチョイスするのがベスト。
トイレは、ただでさえ陰のエネルギーが強い場所です。
少しでも華やかな雰囲気で満たされるよう、トイレで使う物は明るい色や柄がおすすめです。

2020年はホワイトとイエローがラッキーカラーですが、「金」のエネルギーを持つ今年はイエローが最適です。

 

2-3. リビングの風水

 

 

リビングは「快適にくつろげる場所」にすることが、風水における最良のポイントとなります。
ホコリや汚れが無く清潔であることはもちろん、

・動線を確保して移動しやすくすること
・ソファーを部屋全体が見渡せる上座に置き、部屋を広く見せること
・テレビの近くに観葉植物を置き、運気のバランスを整えリラックスできる空間を演出すること

上記開運方法を取り入れると、前年より居心地が良い空間となり開運をもたらしてくれます。

「インテリアをどう配置すべきか」の指針となる方位は、後ほどご紹介します。

 

2-4. 寝室の風水

 

 

家の中で一番リラックスできる場所であり、最も健康に関わる場所でもある「寝室」。
1日の3分の1を過ごす場所ですから、寝ている間も快適でいられるよう風水を整えることで、毎日を好調に過ごすことができるようになります。

まず意識したい点は、枕の向き。
2020年は、東枕が良縁を運び、北西枕が仕事運を運んでくれます。

「北枕は縁起が悪いのでは…?」

と心配する必要はありません。
風水的には、運気を授かれる重要な方位となることもあります。

また睡眠中は、頭の先からエネルギーが取り入れられます。
よって頭元に物がたくさんある状態は、NG。
運気を取り入れられなくなるため、

・ぬいぐるみ等のインテリアは1つだけ
・目覚まし時計は体から離れた場所に置く

など頭元をスッキリさせるよう工夫しましょう。

 

2020年は華やかさがポイントですが、寝室に明るい色ばかりを置くと、運気の上がり下がりが激しくなってしまうため、寝室のみカラーを控えめにするのがコツです。

今年のラッキーカラーはグリーンです。
自然を思い起こさせる穏やかな色を配置して、心休まる雰囲気作りを心がけましょう。

 

3. 2020年の幸運・凶運の方位

 

 

2020年は「北西」と「南東」から幸運が運ばれてきます。

北西の運気からは、仕事運や財運などまさに「金」にまつわる運気を授かることができます。
南東からは「人脈」に関わる運気を授かることができ、良縁をもたらしてくれます。

北西と東南の方位は、特に運気を上げられるよう清潔を保ち、ラッキーカラーやアイテムで満たしてあげてください。

そして、2020年の凶方位は「東西」と「南」です。

4方位中3方位が凶ということではなく、東西のバランスが悪くなることを表しています。

凶運の影響を受けないためには、直感力と知識を磨くこと。

家の南側を綺麗に保ち、グリーンのアイテムを置いて、直感力を養いましょう。
また日頃の生活を豊かにしたり、悪運を除けたり、社会情勢の流れを知るなど「運気に関する知識」を身につけることで、凶運に流されず平静を保つことができます。

 

4. 2020年のラッキーモチーフは?

 

 

自分が普段よく使うものやお気に入りのアイテムに運気を象徴する「モチーフ」を取り入れることで、
令和の運気を味方につけることができます。

華やかなイメージのあるものが理想的ですが、自分が気に入るモチーフであれば積極的に取り入れてみてください。

全体運を上げてくれるモチーフは、

・星
・クローバー
・ペガサス
・妖精
・地球儀

など。

また自分のファーストネームのイニシャルを取り入れることでも、全体運を向上させることができます。
イニシャルを貼り付けるのが恥ずかしいという方は、自分が意識できる程度にさり気なく取り入れたり、お洒落なフォントで印象を高めるのもおすすめです。

モチーフまで意識できれば、2020年の開運はバッチリです。

 

まとめ

 

 

2020年は、令和の本当の始まりであったり、東京オリンピックが開催されたりと金運・人脈などが非常に賑わう一年になります。
その反面、悪影響を受けやすかったり運気の上がり下がりが激しい年でもあります。

華やかさを意識しすぎるあまり、派手すぎたり、けばけばしくならないように注意をして、風水を取り入れてみてくださいね。