暮らしにメッセージをそえ、上質な生活を。 ulu lā'u MEDIA SITE

特集記事

天界や宇宙からのメッセージ~オラクルカードの選び方

2019.2.18 #スピリチュアル #癒されたい #運気を上げたい

占いをしてもらうとき、天使や妖精、海の生物などが美麗なイラストで描かれたカードを示されたことはないでしょうか。

それは「オラクルカード」と呼ばれるもの。
オラクルとは「神託」を意味しており、その名が示すように、天使や妖精、大自然などからのメッセージやヴィジョンを、カードを通して受け取ることができるカードです。

 

目次

 

1. 知識が必要なタロットカード、直感力が必要なオラクルカード

2. 自分にぴったりのオラクルカードの選び方

3. オラクルカードの効果的な使い方

まとめ

 

1. 知識が必要なタロットカード、直感力が必要なオラクルカード

 

 

タロットカードとオラクルカードの違いはなんでしょう。

どちらもカードをツールとしてメッセージを与え、相談者を良い方へ導く点では同じです。

タロットカードは占いや予言を行うためのものであり、過去・現在・未来の状況を知ることで今の状況の原因と結果を知ることで未来を良い方へと導くものです。
中にはネガティブな意味のあるカードもあり、カードの内容を正しく理解するためには深い知識が必要となります。

それに対して、オラクルカードは神様や天使など高次の存在からのメッセージであり、相談者にとって今現在必要なメッセージを聞くことによってこれからを良い方へ導くものです。
ネガティブな意味のあるカードはほとんどなく、知識よりも占う人の直感力が必要となります。

 

2. 自分にぴったりのオラクルカードの選び方

 


オラクルカードは現在、天使だけでなく妖精や海の生物、日本の神様など、さまざまなモチーフが使われたものが発売されています。

タロットカード同様、カードには質問に対する得意な分野が存在し、優しく導くメッセージをくれるものもあれば、鼓舞してくれるような力強いメッセージをくれるものも。
そのため、状況に応じてぴったりなカードが使えるよう、複数のオラクルカードを持つ人もいます。

では、「自分にぴったりのオラクルカードが欲しい!」と思ったら、何を基準にオラクルカードを選べばよいのでしょうか。

オラクルカードの通販サイト「ライトワークスオンラインストア」で現在購入できものの中から、いくつかピックアップしてみました。

初心者におすすめの
『デイリーガイダンスオラクルカード(新装版)』

『デイリーガイダンスオラクルカード(新装版)』は、カードの絵柄が美しいことに加え、書かれているメッセージがほかのものよりも長く詳しく具体的に書かれているため、直感力にそれほど頼らなくてもリーディングができます。
オラクルカード初心者におすすめです。

気持ちを後押しして欲しい人は
『女神のガイダンスオラクルカード(新装版)』

『女神のガイダンスオラクルカード(新装版)』にははっきりとしたメッセージ性があるため、自分自身に関する真実がストレートに伝わります。
鼓舞してくれるような力強いメッセージが欲しい人におすすめです。

恋愛に関する悩みがある人は
『ロマンスエンジェルオラクルカード(新装版)』

『ロマンスエンジェルオラクルカード(新装版)』は、愛を司るケルビムという天使の集団「ロマンスエンジェル」をモチーフとしたカードです。
失恋の痛手を癒し、素敵な恋愛を引き寄せられるように手助けをしてくれます。

日本のモチーフが好きな人は
『日本の神様カード』や『日本の神託カード』

日本の神様をモチーフとしたオラクルカードが欲しい人には、『日本の神様カード』や『日本の神託カード』がおすすめです。
前者には天照大神などの古事記に登場する神々が、後者には日本に住まう八百万の神や精霊、動植物、自然などが描かれています。

 

 

最近では、手軽にオラクルカードを楽しみたい人向けに、スマートフォン用アプリもリリースされています。

前述したようにオラクルカードは何より直感力が大切。
絵が綺麗などの理由でも構わないので、「このカードが欲しい」と直感で感じたカードを選ぶのがいちばんです。

 

3. オラクルカードの効果的な使い方

 


購入したばかりのオラクルカードには、製造や流通の過程で不要なエネルギーがついています。

最初に浄化してその不要なエネルギーを取り除くことで、カードからよりクリアにメッセージを受け取ることができます。
自分以外の誰かにオラクルカードを貸した際にも、カードが手元に戻ってきたら浄化することをおすすめします。

浄化の方法にはいくつかありますが、最も簡単なのは「カードを叩く」こと。
カードを利き手と反対の手で持ち、利き手でノックするようにカードを軽く叩いた後、カード一枚一枚に丁寧に触れてください。

カードを浄化したら、アフォメーションを行います。

アファメーションとは、自分自身に対する肯定的な宣言のこと。
オラクルカードの絵柄を見ながら「このカードで行うリーディングが、私に幸せをもたらしてくれることを願います」と言ったようにポジティブな宣言をする(=アファメーションをする)ことによって、自分とそのカードの間に申請な結びつきができます。

これで、準備は完了です。

 

オラクルカードを引くときの方法

①できるだけ明確で簡潔な質問を頭の中で考える
②カードをシャッフルする
③カードを引く

 

オラクルカードを引く際は、できるだけ具体的な質問や願いをイメージしましょう。

例えば「どうしたら素敵な相手と結婚できますか」という聞き方よりも、「~をすることで、私は結婚相手を見つけられますか」といったように、自らの意思や意図をはっきりさせたほうが、より的確なメッセージを得ることができます。

次に、頭の中に質問や願いをイメージしながら、カードをよくシャッフルします。回数に特に決まりありませんので、自分が十分だと感じるまでシャッフルしてください。

カードをシャッフルし終えたら、直感に従ってカードを引きます。
タロットカードと違い、オラクルカードは正位置でも逆位置でも意味は変わりません。

まとめ

 


神様や妖精といった高次の存在からの「神託」を、カードを通して受け取ることができるのがオラクルカードです。

現在、多種多様なモチーフやイラストが描かれたオラクルカードが発売されていますが、オラクルカードを使用するときは占い人の直感力が必要となります。
「このカードが欲しい!」と感じたものを選び、できるだけ具体的な質問や願いをイメージしながら占うことで、きっとあなたの求めるメッセージが得られることでしょう。

 

【参考資料】
井上敦子「タロットの歴史」
ライトワークス編集部「オラクルカードリーディングブック」