暮らしにメッセージをそえ、上質な生活を。 ulu lā'u MEDIA SITE

特集記事

原因不明の体調不良はこのせいかも|低気圧不調を知っていますか?

#ヘルシー #ライフスタイル #体質改善したい #知りたい・学びたい

あなたは天気が悪くなる前に、体調が悪くなった経験はありませんか?

「なんとなく体が重くだるい」「原因不明の頭痛で苦しむことがある」「顔のむくみがひどいときがある」

そんな原因不明のなぞの体調不良があるとき、それは気圧が下がることによって起こる「低気圧不調」かもしれません。

低気圧による不調は、体のコンディションを大きく左右します。体調不良から、仕事のパフォーマンスや、家族や恋人との関係さえ、影響がでてくることがあります。

そんな低気圧不調は、その仕組みや予防法、対処法を知っておくことで、あなたの生活をぐんと楽にすることができます。今回はそれらについて詳しくお伝えしていきます。

 

目次

 

1. 低気圧不調の症状は?
1-1. 低気圧不調の主な症状
1-2. 「不調の原因が低気圧か」を知るために記録をつける

2. 低気圧になるとなぜ体調不良が起こるの?
2-1. 体内の水分バランスが崩れる
2-2. 自律神経が乱れる

3. 低気圧不調の4つの予防法
予防法① 規則正しい生活(朝食を必ず食べ、7時間以上睡眠をとる)
予防法② 入浴と適度な運動を日常にとり入れる
予防法③ ストレッチを毎日朝5分、夜10分行う
予防法④ 漢方で体質から改善する

4. 低気圧で体調が悪いときの3つの対処法
対処法① ツボ押し
対処法② 横になって休む(深呼吸、睡眠)
対処法③ 乗り物酔いの薬を服用する

まとめ

 

1. 低気圧不調の症状は?

 

まず、低気圧不調によってどんな症状がでるのか、そしてつらい症状の原因が低気圧かどうかを知る方法をみていきましょう。

 

1-1. 低気圧不調の主な症状

 

低気圧不調には、さまざまな症状があります。代表的なものは、「頭痛」や「倦怠感」です。

「熱はないのに頭が締めつけられるように痛い」「頭がズキズキする」「体がだるく重たい」などが起こったときには、低気圧による不調の可能性があります。

その他にも、めまい」や「耳鳴り」「肩こり」「むくみ」「気分が沈みがちになる」などの症状を感じた場合も、低気圧が原因となっていることがあるといいます。

 

1-2. 「不調の原因が低気圧か」を知るために記録をつける

 

低気圧不調は、他の疾病で現れる症状とまったく同じ場合もあります。すると、その症状が本当に低気圧かどうかを知るためにはどうしたらよいのでしょうか?

その答えは「記録をつける」ことです。

今感じているつらい症状が低気圧不調によるものなのかを知るために、不調がでたときに、その不調や気圧の変化を記録してみましょう。

<記録>
○○月10日(水)13:00 くもり 頭痛とめまい 気圧低下警戒

このようにメモなどに記録をしておきましょう。これを複数回繰り返すと、気圧が下がるときに起こりやすい症状を把握することができます。

また、下線の気圧変化の部分は、気象関係のスマートフォンアプリで確認することができます。

頭痛ーる」というアプリは、気圧の低下を【通常・やや注意・注意・警戒】など、わかりやすく教えてくれます。

便利ですので、ぜひ活用してみてください。

 

2. 低気圧になるとなぜ体調不良が起こるの?

 

そもそもなぜ、低気圧の影響で体調が悪くなるのでしょうか?まずは、その大きな2つのメカニズムを簡単に説明していきます。

 

2-1. 体内の水分バランスが崩れる

 

1つ目のメカニズムが、「体内の水分バランスの変化」による不調です。気圧が下がると、体内の水分量が多くなります。

体内の水分が増えると、、

・水分が体内で滞留しすぎることで「むくみ」が発生
・増えた水分が神経を圧迫することで「頭痛」が発生

このような不調が起こってしまいます。これが低気圧不調の1つ目のメカニズム「体内の水分バランスが崩れる」です。

 

2-2. 自律神経が乱れる

 

2つ目のメカニズムが、「自律神経の乱れ」による不調です。気圧の変化を耳の奥にある内耳がキャッチすると、体の維持機能を果たしている自律神経のバランスが崩れます。

自律神経が乱れると、、、

・体には「倦怠感」や「めまい」が発生

・心には「気分の落ち込み」が発生

このように、心身ともに不調をきたしてしまいます。これが低気圧不調の2つ目のメカニズム「自律神経が乱れる」です

 

3. 低気圧不調の4つの予防法

 

まず、低気圧不調にできるだけならないよう、普段や低気圧の前に行う予防法をお伝えしていきます。ほとんどが毎日の生活に簡単にとり入れられるものなので、あなたもつらい低気圧不調とさようならできるよう、とり組んでみてくださいね。

 

ポイント:自律神経を整える

そもそも低気圧不調が現れやすい人は、普段から自律神経が乱れがちになっているといいます。そのため予防法としては「自律神経を整える習慣を身に付ける」ことが、根本的な低気圧不調の改善として有効です。

 

予防法① 規則正しい生活(朝食を必ず食べ、7時間以上睡眠をとる)

 

自律神経を整えるためには、「普段から規則正しい生活を行うこと」がポイントになります。

食事は1日3食とることはもちろん大切ですが、特に朝食は抜かないようにしましょう。朝食は、寝ている間に下がってしまった体温を高め、自律神経を整えてくれるからです。

また、睡眠は7時間以上とるようにしましょう。リラックスしてしっかりと睡眠をとることで、交感神経と副交感神経がうまく切り替わり、自律神経のバランスが整います。

 

予防法② 入浴と適度な運動を日常にとり入れる

 

日常生活で湯船につかるようにし、軽い運動もとり入れましょう。体の循環をよくして、体温を高めに維持することで、自律神経は安定していきます。

夜の入浴はシャワーだけではなく、湯船につかることを習慣にしていきましょう。時間の関係で毎日の入浴が難しければ、週に2〜3回から湯船につかりましょう。体がリラックスすることで、自律神経は整っていきます。

運動は日常生活の中にとり入れられる軽めのものから始めてみましょう。通勤の一部をウォーキングにしてみたり、エレベーターではなく階段を使ったりすることなどがおすすめです。「運動は全力でやらなければいけない」という思い込みは捨て、「少しでも意識して動けたらGOOD!」という気持ちで行いましょう。

 

予防法③ ストレッチを毎日朝5分、夜10分行う

 

短時間で大丈夫ですので、毎日ストレッチを行いましょう。自律神経の大きな原因の一つが、骨格のゆがみや体のコリだといわれています。ストレッチは体を十分に伸ばすことで、その骨格のゆがみや体のコリを少しずつ改善していってくれます。

ストレッチは短期間で劇的な変化がみられるものではありません。しかし、継続し積み重ねることで、結果的に大きな変化に繋がるのです。

ストレッチの方法は動画サイトや、以下の書籍も参考になります。

メニューは毎日同じものでも、体調やその日の気分に合わせてチョイスしてもOKです。

日々のルーティーンとして続け自律神経を整え、最終的に大きな体調の改善を手に入れましょう。

『最強のストレッチ 世界のエリートも実践する調整法』 佐々木 泰士 著
東証一部上場企業経営者も絶賛!仕事のパフォーマンス、集中力、疲労回復、痛み、脳疲労、睡眠、血流、運動不足、姿勢、硬い体……など、すべてを解決するストレッチをご紹介

『体を「ひねる」だけで、疲れと痛みが消える』 武富 ゆうすけ 著
たった10秒で、【肩こり】【腰痛】【骨盤のゆがみ】【冷え性】など、あらゆる体の悩みを一気に解消する究極メソッドを公開

 

予防法④ 漢方で体質から改善する

 

低気圧不調には、漢方も効果的だといわれています。漢方は体の中のバランスを整え、症状を改善してくれます。

漢方は一般的に、普段から体質改善のために服用しても、不調があらわれたときに対処するために服用してもよいといいます。低気圧不調に効果があるといわれている2つの漢方をご紹介します。

五苓散(ごれいさん)

頭痛やめまい、吐き気に効く五苓散は、低気圧不調に効果があるといわれる代表的な漢方です。水分代謝が正常に機能しないときに、体のあらゆるところに溜まった水を循環させ、体の不調を緩和してくれます。

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

水の巡りをよくしてくれる漢方で、低気圧不調に多い頭痛やめまいなどの症状にスポットを当てた漢方です。体内に溜まった余分な水を排出し、気を上昇させることで、頭痛やめまいなどの症状を改善してくれます。

 

4. 低気圧で体調が悪いときの3つの対処法

 

次に、「気がついたら、低気圧で体調が悪くなってしまっていた」という場合の、3つの対処法をご紹介します。不意に見舞われたつらい症状を緩和し、体や心への負担を減らしましょう。

 

対処法① ツボ押し

 

低気圧で頭痛があるとき、顔まわりにある次の3つのツボを押すと効果があるといわれています。

ツボその1 太陽

こめかみの凹みの部分にあるツボです。頭痛やめまい、眼精疲労に効果があります。気持ちよいと感じるところを押してみてください。

ツボその2 かんりょう

目尻からまっすぐ下におりた、頬骨の下の部分です。日頃の歯の食いしばりなどで起こるコリをほぐしてくれます。強すぎず、気持ちよいと感じる程度の力で押してみてください。

ツボその3 えいふう

耳のつけ根の後ろ側で、口を開けるとくぼみができる部分です。頭痛や肩こり、むくみ、そして全身の血流を改善してくれます。こちらも程よい力で気持ちよく押してみましょう。

 

対処法② 横になって休む(深呼吸、睡眠)

 

低気圧でつらいときは、無理をせず少し休みましょう。

心も体も下り坂になりがちな低気圧のときには、頑張ってもなかなかよいパフォーマンスはだせないものです。

可能であれば、横になりゆったりとした気持ちになるよう深呼吸してみたり、20〜30分程度の短時間の睡眠をとったりしてみるとよいでしょう。心と体が楽になるはずです。

 

対処法③ 乗り物酔いの薬を服用する

 

「低気圧で具合が悪く耐えられない」そんなときは乗り物の酔い止め薬を服用することで、症状を和らげることができます。

気圧の変化の影響を受けるのは、乗り物酔いのときと同じ内耳です。

そのため、酔い止め薬を飲むことで、低気圧不調のめまいや頭痛を緩和することができるのです。もし、不調を予防したければ、低気圧の前に飲むとよいでしょう。

 

まとめ

 

低気圧不調の原因や、予防法、対処法についておわかりいただけましたか?

気圧の変化による不調は、予防したり対処したりと、生活の中でうまく付き合っていくことが大切です。

普段から自律神経を整える習慣を心がけ、また、不調が現れたときはうまく対処することで、あなたの日常生活をより快適なものにしていきましょう。