暮らしにメッセージをそえ、上質な生活を。 ulu lā'u MEDIA SITE

特集記事

エナジーバンパイアの特徴5つと対処方法|自分を守りポジティブに生きる

#スピリチュアル #知りたい・学びたい #運気を上げたい

 

昨今、耳にすることも多くなりましたが、エナジーバンパイアとは、他人からエネルギーを奪い、自分のエネルギーにしている人のことを指します。
その名の通り、他人の血を吸って生きる吸血鬼のように、自分のためだけに人を傷つけたり悩ませる人のことをエナジーバンパイアと呼びます。

この記事では、

エナジーバンパイアの特徴を知って対処法を身につけることで人生をポジティブに歩むための方法をお届けします。

 

目次

 

1. エナジーバンパイアの特徴5選

2. エナジーバンパイアの特徴5選
2-1. 他人を見下して自分の価値を保つ
2-2. 何事も否定してやる気を奪う
2-3. 正論を押し付けて優越感に浸る
2-4. 悲劇のヒロインを演じて同情を誘う
2-5. 承認欲求が強すぎる

3. エナジーバンパイアは疲れや病気を引き起こす!?

4. 仕事におけるエナジーバンパイア対処方法
4-1 理不尽な叱責はすべて聞き流す
4-2. 理不尽な要求ははっきりと断る

5. 友達・恋愛関係のエナジーバンパイア対処方法
5-1. 直接・間接的な距離を遠ざける
5-2. 自分の本音を伝える

まとめ

 

1. エナジーバンパイアの特徴5選

 

エナジーバンパイアの種類はさまざまですが、どれも「他人のエネルギーを奪う」という共通した特徴をもっています。
一緒にいて疲れる相手は、ほとんどの場合、エナジーバンパイアの特徴に当てはまっています。

まずは、エナジーバンパイアの代表的な特徴を5つご紹介します。

「友達や職場の人は当てはまっているか?」
「自分は当てはまっていないだろうか?」

と考えながら、その特徴を1つずつ見ていきましょう。

 

1-1. 他人を見下して自分の価値を保つ

 

「お前はダメな人間だ」
「こんなこともできないのか?」

と口癖のように吐く上司に、心当たりはありませんか?

このように、自分が優越感に浸るために他人を見下す人は、典型的なエナジーバンパイアです。
相手の価値を下げることで、自分の価値を相対的に感じているのです。

実際は、他人を見下すほど自分の価値は下がっているのですが、本人はそのことに気づいていないことが多いものです。
価値が下がった理由が分からず、それを取り戻すためにまた人を見下し、どんどん価値が下がり……という、負の連鎖に陥っている人もいます。

見下すタイプのエナジーバンパイアに「そうですね」と相づちを打つだけでも、自分のエネルギーはどんどん奪われてしまいます。

 

1-2. 何事も否定してやる気を奪う

 

「物事をさまざまな視点から見るために、一旦否定的に考えてみる」と賢く否定できる人は、相手を不快にさせることはなく、エネルギーを奪うこともありません。

この特徴に当てはまるエナジーバンパイアとは、

・他人の前向きな努力や行動を否定して、自分の価値を相対的に保とうとする人
・開口一番に「できない」「無理だ」「諦めろ」と言い、相手のやる気をただ下げるだけの人

このような否定をする人を指します。
自分のために何でもかんでも否定している人もまた、典型的なエナジーバンパイアです。

 

1-3. 正論を押し付けて優越感に浸る

一見「正論だから悪くないのでは?」と感じるかもしれませんが、相手を負かすことが目的の自分よがりの正論は、社会的に正しいとしても、健全でも建設的でもありません。

優越感に浸るためだけに「ほら、やっぱり自分が正しかった」と正論を押し付ける人も、典型的なエナジーバンパイアです。

間違いを指摘して成長を促してくれる正論であれば、エネルギーを奪い合うことはありません。
いくら正論でも、その伝え方や目的を誤ると、相手を傷つけてしまうのです。

 

1-4. 悲劇のヒロインを演じて同情を誘う

 

本当につらくて悲しんでいる人に同情し、手助けをすることは、とても素敵な行為です。
しかし、その優しさにつけ込み、わざと同情を誘うことで快感を得ようとする人もいます。

「どうせ自分なんて…」

「私と別れたら死んでやるから!!」

などと心配や同情を強要する”かまってちゃん”な人も、相手の心を疲れさせ自分の欲求を満たすエナジーバンパイアの特徴に当てはまります。

思いやりのある人や共感力が高い人、またNOと言えない人などは、このタイプにエネルギーを奪われやすく、同情しすぎるあまり疲れ果ててしまいます。

 

1-4. 承認欲求が強すぎる

 

「SNSに良い写真やエピソードを公開したら”いいね”をもらいたい」

この欲求は、SNSを使っている人なら誰でも持ち得る感情です。
しかし、「いいねが欲しい!」という承認欲求が強すぎるあまり、

・友達やフォロワーにいいねを強要する
・友達に無理やり写真を撮らせる
・いいねをもらうためだけに他人とつながり続ける

このような人もまた、他人のエネルギーを奪うエナジーバンパイアです。
SNSでの過剰な承認欲求は、それ以上に大切な現実の人間関係を疎かにしてしまうのです。

以上、典型的な5つの特徴をご紹介しました。

自分の職場や友達に、この特徴に当てはまる人はいませんでしたか?
「この人と一緒にいるといつも疲れる…」と感じているなら、その人はエナジーバンパイアで、自分のエネルギーを奪っているからかもしれません。

そのような人と関わりを持ち続けていると、自分の潜在意識からエネルギーがどんどん奪われていきます。
エネルギーが奪われるほど、元気がなくなり、ネガティブになり、心も体も疲れ、果てには病気になる…という重大な悪影響を受けることもあります。

ここからは、エナジーバンパイアと関わることの危険性について詳しくご説明します。

 

2. エナジーバンパイアは疲れや病気を引き起こす!?

 

エナジーバンパイアとは、相手を過剰に不安にさせたり意味もなく悩ませたりすることで、「やる気」「精神力」「ポジティブ思考」などを潜在意識から奪ってしまいます。

『病は気から』ということわざがある通り、この不安や苦悩が、心と体の両方に悪影響を及ぼし、心身の疲れや病気を引き起こしてしまうこともあるのです。

最もイメージしやすい事例でいうと、「うつ病」が分かりやすいですね。

職場の上司から理不尽に叱責されたり、友達や恋人の言動に振り回されるうちに、自分の潜在意識がネガティブ思考で満たされます。
その苦悩が、コップに溜めた水が溢れるように我慢の限界を超えると、うつになってしまうのです。

また、人間の意識の90%を占めるとされる潜在意識がネガティブになることで、

・外出そのものが億劫になり、体を動かさなくなった
・食生活に気を使わなくなり、過食や偏食が増えた
・ぐっすり眠れなくなり、疲れが回復しなくなった

などなど、これまでとはまるで別人のように生活習慣が悪化し、体の病気さえ引き起こすことにもつながります。

以上はあくまで例え話ですが、充分に起こり得る事例でもあります。

エナジーバンパイアのために、自分が犠牲になる必要はまったくありません。
このような悪影響を避けるため、対処法を知ることはとても大切です。

以下では「仕事」「友達・恋愛関係」の2パターンに分けて、エナジーバンパイアの対処方法を具体的に解説します。

これ以上エナジーバンパイアにエネルギーを奪われないために、そして自分の潜在意識をポジティブに保ち人生を前向きに歩むために、具体的な対処方法を知り、1つでも実践してみましょう。

 

3. 仕事におけるエナジーバンパイア対処方法

 

仕事仲間や取引先との関係は、自分の思い通りに変えたり、その関係を自由に断ち切ることができません。
特に、同じ職場内にエナジーバンパイアがいる場合、その人と関わらざるを得ない日も多々あるでしょう。
そんな時にできる対処法を、2つご紹介します。

 

3-1. 無意味な叱責はすべて聞き流す

 

理不尽だと感じる上司や同僚の叱責は、すべて聞き流しましょう。

その叱責を聞き流すことで、上司は「もうこの人からエネルギーは奪えない」と悟り、絡まれる回数が徐々に少なくなっていきます。

エナジーバンパイアは、「自分の意見を聞いてくれる」「自分が優位に立てる」と感じる人だけを狙い、とことんエネルギーを奪おうとします。
お局の愚痴やいじめは、その典型例です。

ただし、自分の成長のために叱ってくれる人の意見は、しっかりと耳を傾けましょう。

 

3-2. 理不尽な要求ははっきりと断る

 

この記事の最初に「NOと言えない人はエネルギーを奪われやすい」という話をしました。

人当たりが良く、他人の意見をなんでも受け入れてしまう八方美人は、エナジーバンパイアの格好の標的となってしまいます。

自分が関わりたいと思う人には、今後も思いやりをもって接しましょう。

しかし、その優しさをエナジーバンパイアにまで向ける必要はありません。
「分け隔てなく接することが大事」と思うかもしれませんが、そのために自分が傷つく必要は一切ありません。

 

4. 友達・恋愛関係のエナジーバンパイア対処方法

 

友達や恋愛の関係は、仕事上の人間関係より我慢する必要がありません。

その反面、仲が深いほど「この人は他人だ」と切り捨てることができず、やはり関係を持ち続けなければいけないことも多々あります。

友達や恋人がエナジーバンパイアだった時は、どのように対処すれば良いのか?
この場合は、以下の2つの対処法が効果的です。

 

4-1. 直接・間接的な距離を遠ざける

 

直接的な距離とは、実際に会ったり、電話すること。
間接的な距離とは、SNSでフォローし合ったり、LINEなどリアルタイムでない連絡も含まれます。
このようにエナジーバンパイアと何らかの関わりがあるなら、その距離を遠ざけてみましょう。

具体的には、

・会う回数、通話する回数を減らす
・SNSをミュートする、通知が来ないよう設定する
・LINEに即既読を付けない、返信を遅らせる

といったように、エナジーバンパイアと関わらない時間を、意識的に作ってみてください。

 

4-2. 自分の本音を伝える

 

仕事関係の人には伝えにくいことも、友達や恋人には本音を伝えられることがあります。

お互いに対等で居心地の良い関係でいたいからこそ、自分がエネルギーを奪われて「嫌だ」「つらい」と感じることは、相手に率直に伝えてみてください。

エナジーバンパイアは、これまで培ってきた思考や習慣から、相手のエネルギーを無意識に奪っていることもあります。
そのことを指摘されたことで「自分は相手を傷つけていた」と気づき、その後に良好な関係を築けることも少なくありません。

ただし、本音を伝える時に一方的に正論を吐いたり、相手の同情を誘ってしまうと、自分もエナジーバンパイアとなってしまいます。
相手のことを思いやりながらも自分を守れるような、お互いのためになる本音を伝えてみましょう。

 

まとめ

 

エナジーバンパイアの特徴や対処法について、具体的にご紹介しました。

なぜか一緒にいると別れたときにはぐったりするほど疲れている、なぜか罪悪感を感じる、責められているように感じる、そのように感じるお相手はエナジーバンパイアの可能性が高いです。

この記事を読んでいる方は、エナジーバンパイアに共感したり同情できる、優しい心の持ち主だと思います。
その優しさは大切にしてほしいですが、同時に自分のことも大事にしてあげてください。

エナジーバンパイアと適切に関わることは、自分も相手も傷つけないという優しさにつながります。
特徴を知り、対処法を1つでも実践することで、今後より良い人生を歩んでいただけたら幸いです。