金運アップする!お財布のお清めと浄化方法・縁起が良い古い財布の捨て方

あって困ることがないものといえば、お金。

金運を上げるために、神頼みをしてみたり、トイレの掃除に励んでいる人もいるのではないでしょうか。

お金は、お金のあるところに集まるとよく言われます。

「お金には魂がある」という説もあり、お金に好かれる人の元に、お金は集まってくるというのです。

では、お金に好かれる人になるには、どうしたら良いのでしょうか。

それは、まず、お金を大切にすること。

そこで重要になるのが、お財布です。お財布は、いわばお金の我が家。

お財布の居心地が良くないとお金は居着いてくれず、すぐに出て行ってしまいます。

ここでは、お金に好かれるためのお財布との付き合い方をまとめました。

目次

 金運がアップするのは、こんなお財布!

金運ととても深い関係にあるのがお財布です。

金運を上げるポイントは、いかにお金にとって居心地の良い財布にするかということ。金運がアップする「開運財布」は、次のようなものとされています。

 

色は金(黄)か白

風水において、金(黄)はお金を呼び込む効果が最も高い色とされています。
また、白はお金が増える方角の北を意味する色です。

お財布を新調するときには、このふたつのどちらかを選ぶのがおすすめです。

反対に避けたい色もあります。

ひとつは赤やピンクといった赤系。
赤字を生むという意味になるので、散財しやすくなったり、収入がダウンしたりしてしまいます。

もうひとつが黒。
「黒字」につながるので悪くないと思われがちですが、「これ以上の収入が見込めない」という意味にもつながるため、貯蓄や投資で収入アップを目指す人にはおすすめできません。

黄色だけじゃない!緑色の財布でも

緑色の財布でも緑が増えるかのように、お金も増やすことができると言われています。

紙でできたお金は自然との結びつきも強いです。金色は小銭、緑色は紙幣を呼ぶカラー。緑色のお財布でも金運アップが期待できそうですね。

形はお札を折りたたまず入れられる長財布

お札にとって居心地が良いのは、まっすぐの状態でいられること。だから、ふたつ折りの財布より、長財布の方が適しているのです。

長財布でも、お札の角を折らずにスッキリ収められるものがよいでしょう。

また、財布の口が開きすぎないものを選ぶと、お札が外に出て行きにくくなるとされています。

 素材はパイソン革やヘビ柄

金運を司っている神様は龍神です。

龍は想像上の動物ですが、日本では淵や湖沼には大蛇の姿をとる水神がいると考えられており、それが龍神に変化したとされています。
こうしたことから開運財布の素材としても、パイソン革もしくはヘビ柄のものが良いとされています。

「どうも最近、金運が良くない」と感じたら、こうしたお財布に買い換えるのもひとつの方法です。

なかには、良い革を使っていて長く使い続けるほど、味わいが出てくるお財布もありますので、気に入ったお財布を使い続けている人もいるでしょう。
ただ、金運の面から見ると、ずっと同じお財布を使い続けるのではなく、最低1〜1年半に1度は買い換えた方がよいとされています。

お財布の角がすり切れてきたら、買い換えのタイミングです。

金運を上げるお財布のお清め・浄化のやり方

お財布の買い換え以外にも、お財布の環境を良くする方法はあります。

それが「お財布のお清め」です。

【使い始め】新しい財布はまず、神社へ持っていく

お財布を新しくしたら、すぐに使い始めないで、お清めをしましょう。

お清めの方法は簡単です。

新しいお財布を神社に持っていって、お賽銭箱の前に差し出して、神様に感謝の気持ちを伝えてください。

お賽銭もいつもよりはずむと良いでしょう。

 満月か新月の日に使い始める

宇宙のエネルギーは、新月や満月に高まるとされています。

新しいお財布も、この時期に使い始めるようにしましょう。

古い・中古のお財布は塩でお清めする

新しいお財布に変えたら、古いお財布はきちんとお清めして別れしてください。

まずは神社でもらった清め塩か、精製していない塩(自然塩)を用意してください。
これをひとつまみ、お財布の中に入れます。

このとき、「ありがとうございました」とお礼を21回言ってから処分すると、お金との良縁が継続すると言われています。

お札は種類ごとに分けて入れる

お札はそれぞれの仲間同士で集まるのが好きです。

仕切りが4つ(2,000円札を考慮しなければ3つ)あるお財布を使い、1万円札は1万円札だけ、5千円札は5千円札だけと、分けて入れるのが理想的です。

お札の向きは揃えて入れるようにしてください。

もし、くしゃくしゃに折れているお札が手元に来たときは、低温アイロンでお札を伸ばしてあげましょう。

お札を日ごろから大事にして、お札にとって居心地の良いお財布を作っていると、お札の間でその噂が広がって、お札が集まるようになるといわれています。

硬貨を大切にする

おつりで受け取った小銭を無造作にポケットに突っ込んだり、部屋のあちこちに小銭が散らばっていたりしませんか?

裸で硬貨を持ち歩くのはおすすめしません。

硬貨はみんなと一緒が好きなので、まとめて小銭入れにしまうようにしましょう。

1週間に一度、お財布を休ませる・寝かせる

お財布は鞄の中に入れっぱなしにせずに1週間に一度は、お財布をバッグから出して、専用の場所で休ませてあげてください。

休ませる場所は、お金を呼ぶ北側の涼しい場所がおすすめ。

反対に、「火」に関係する場所、例えば暖房器具の近くやキッチンは避けてください。

【縁起が良い】古い財布の捨て方

お財布は自治体の指示にしたがって、ゴミとして廃棄することも可能です。しかし、縁起のことを考えるのであれば、神社やお寺などで供養してもらうと良いでしょう。

ほとんどの場合、供養料としてお賽銭を納めれば供養できます。古いお札やお守りがあれば一緒に供養してもらいます。

また、神社によってはお浄めだけしてお財布を持ち帰る仕組みのところもあるようです。その場合は、自宅に持ち帰りゴミとして処分してください。

まとめ|お財布を清めて金運をアップさせよう

お金は、お金を愛する人の元に集まってきます。

お財布の環境を整えて、お札の居心地をアップするのはもちろんですが、それ以外にも金運を上げるために心がけたいことがあります。

それは、「お金が好き」と明確に思うこと。
「もっとお金が欲しい」と宣言するのもひとつの方法です。

そして、お金やお財布を人格のあるものとするのもおすすめです。

1万円札を「諭吉さん」と呼んでみたり、お財布をピカピカにしておいたりするなど、お金やお財布に愛情を持って接するようにしてみませんか?

お金やお財布に対して、愛情を示すことも金運をアップするためにとても大切なことです。
そうすれば、あなたの元にはお金が自然と集まってくるはずです。

【参考資料】
『すごい「お清め」』
「やってはいけない風水」
『日本大百科全書』

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる