暮らしにメッセージをそえ、上質な生活を。 ulu lā'u MEDIA SITE

特集記事

「水星逆行」をのりきる3つのポイント

2019.3.5 #スピリチュアル #ライフスタイル #運気を上げたい

 
 
恋人に送ったメッセージが、いつまでたっても既読にならない。
パソコンが何度もフリーズするせいで、なかなか仕事が進まない。
曜日を勘違いして、友達との約束をドタキャンすることになってしまった。

こうした「地味にいや〜なこと」が、起こりやすくなってしまう時期があるのをご存知ですか?
それは、「水星逆行」と呼ばれる時期。

金星や火星などほかの惑星も「逆行」を起こしますが、この水星逆行の時期は、占星術の世界でとくに注意が必要とされています。

それでは、実際に水星逆行が起こる時期や、期間中に気をつけなくてはいけないこと、期間中の過ごし方などを紹介します。


 

【目次】

 
1.2019年の水星逆行はいつ?

2.水星逆行が注目される理由

3.水星逆行にはどんな影響があるの?

4.水星逆行の期間中はどうすごしたらいいの?
4−1.大きな決断はしない!
4−2.時間に余裕を持つ!
4−3.充電期間だと考える!

まとめ
 

1.2019年の水星逆行はいつ?

 

 
水星逆行は毎年起こる現象で、1年に3〜4回起こります。

【2019年の水星逆行の時期】

●2019年3月6日 03:01~2019年3月28日 21:35
●2019年7月8日 08:32~2019年8月1日 13:48
●2019年11月1日 04:54~2019年11月21日 02:21

1回の水星逆行の期間は、だいたい3週間ほどです。
 

2.水星逆行が注目される理由

 

 
水星逆行が起きるのは、地球を含む8つの惑星が、すべて同じ進行方向で太陽の周りを、楕円を描くように回っているためです。
ただし、進行速度は惑星によって異なっています。
そのため、地球から見るとほかの惑星が、本来の進行方向ではなく、逆向きに動いている—「逆行」しているように見えることがあります。

水星は惑星のなかでもっとも太陽に近く、さらに一番速く太陽の周りを一周します。
太陽を一周するのに地球は約365日かかりますが、水星は約88日。
進行速度が早いので、水星逆行が1年に3〜4回も起きるのです。

動きが速いことから、水星はギリシャ神話に登場する俊足の神・ヘルメスと同一視されており、ヘルメスは神々の伝令役を務め、旅人や商人の守護神と言われています。

そのため西洋占星術では、水星の動きがコミュニケーション、通信、移動、ビジネスに影響を与えると考えられており、水星逆行の期間中は、こうした影響が「マイナス」に働きやすくなると言われているのです。
 

3.水星逆行にはどんな影響があるの?

 

 
水星逆行が起きている間、とくに「順行から逆行へ」「逆行から順行へ」と反転するタイミングには、次のようなことが起きやすいとされています。

・仕事や計画の進行が遅れる
・メールや手紙などの「返信」がなかなかこない
・勘ちがいや誤解をしやすくなるため
・やり直しや見直しが必要になる
・なくしたものが戻ってくる
・過去に付き合いがあった人(旧友や元恋人)などから連絡が来る
・旅行先で問題が発生する

 

4.水星逆行の期間中はどうすごしたらいいの?

 

 

水星逆行の影響をできるだけ少なくするためには、次のことに注意するようにしましょう。
 

4−1.大きな決断はしない

 
新しいことを始めたり、大きな決断を下したりすることは、できるだけさけましょう。

とくに大きな決断は、決断がもたらす影響が大きければ大きいほど、確認すべきことが増えますが、その確認がうまくできなくなるのが水星逆行なのです。

ビジネスの世界、特に投資の分野では、水星逆行の期間はマーケットが「荒れる」と警戒されているそうです。
 

4−2.時間に余裕を持つ

 
普段よりも時間の余裕を持つようにしておきましょう。
時間に余裕があれば、ミスやトラブルが発生しても焦らずリカバリーが可能です。

例えば、通販の荷物が時間指定を過ぎても届かなくても、時間に余裕のあるスケジュールを立てておけば、「荷物の受け取りが遅れたせいで、次の予定が狂った!」とイライラせずにすみますね。
 

4−3.充電期間だと考える

 
水星逆行の影響には、「なくしたものが戻ってくる」「旧友や元恋人などから連絡が来る」といった悪くないものもあります。

そのため、水星逆行の期間を「過去をふりかえる時期」や「ものごとがゆっくりと進んでいる時期」だと考え、自分を見つめなおしたり、無理をせずに体や心を休めたりしてみるのもよいでしょう。

期間中に心身の「充電」をすませておくことで、水星逆行が始まる前よりもアクディブになれるはずです。
 

まとめ

 

 
水星逆行の期間は「悪い時期」だと思われがちですが、その影響も「起こる可能性が高くなる」だけで、「必ず起こる」わけではありません。
もし起こったとしても、普段よりも注意深くなることで、悪い影響を予防したり軽くしたりできます。

水星逆行の期間中に新しいことを始めたり、大きな決断を下したりする場合は、次のことを試してみてください。

●予定や自分の考えを紙に書く
書かれた内容は書き手が必ず読むことになるので、必然的に「見直し」をすることになります。

●直接相手と会話する
文字だけのメールでは読み取るのが難しいニュアンスを感じられるため、勘ちがいやネガティブな誤解をかなり減らすことができます。

このようなことに少し気をつけてみると、水星逆行の悪い影響を、最小限に留めてくれるはずです。

 
 
【参考資料】

石井ゆかり『星読み+』(幻冬舎)
鏡リュウジ『鏡リュウジのプラネット・セラピー』(マガジンハウス)